こんなはずじゃ…「浴衣で花火デート」悲しい失敗談3選

いつものデートより気合いを入れたい花火大会の浴衣デートには、残念な経験をすることも多いようです。

浴衣でデート
(hironakajima/istock/Thinkstock/写真はイメージです)

夏のデートで欠かせないのは花火大会。彼氏に喜んでもらうために、浴衣で行きたいと考える人も少なくないでしょう。

しかし、浴衣を着ることに執着しすぎてしまうと、それが原因となって、彼氏と険悪な雰囲気になってしまうことも…。

fumumu取材班は、浴衣デートでの失敗談について、女性に話を聞いてみました。

 

①着付けに時間がかかり過ぎて…

「YouTubeで動画解説を観た限り、簡単に着られそうだった浴衣。でも、いざ着ようとしたら全然上手くできなくて…気が付けば、待ち合わせ時間ギリギリに。

 

『とりあえず、前が開かなければいいや』と、慌てて家を出たのですが…結局1時間の大遅刻。待たされた彼氏はもうカンカンで、デートどころじゃなくなってしまいました」(10代・女性)

 

②彼氏が場所取りに失敗して…

「『浴衣を着るなら、会場に先に行って場所取りしてるから』と言ってくれた、優しい彼氏。しかし、想像以上に現地は混んでいたみたいで…彼氏がシートを敷いていたのは、目の前に大きな看板がある場所。

 

『花火は高く上がるし、大丈夫でしょ』と自信満々でしたが、結局、座ってしまうと花火は全然見えなくて、ずっと立ち続けることに…。

 

がんばってくれたのはわかりますが、下駄で靴擦れを起こしていた私は彼氏に八つ当たりしてしまって…お互い、ずっと無言で花火を見ていました」(20代・女性)

 

③彼氏と一緒に浴衣を着たかったのに…

「花火大会当日、浴衣レンタルを予約していた私たち。私はお目当ての浴衣を事前にキープしていたのですが、彼氏は浴衣を着るのが初めてだったので、お店に行ってから決めることにしていました。

 

ところが、彼氏が選んでいたのは、まさかの甚平。『試着したけど、暑すぎた』と言って、浴衣を着るのは止めてしまいました。

 

結局、私だけが浴衣を着ることになり、お互いに納得いかないまま微妙な雰囲気になってしまいました」(10代・女性)

 

花火会場は混雑していて蒸し暑い場合も多いです。ちょっとでも不安を感じたり、花火をメインに楽しむのなら、割り切って着慣れた普段着で行った方が安心かもしれませんね。

・合わせて読みたい→付き合う前には知らなかった…思いも寄らない彼氏の驚愕エピソード3選

(文/fumumu編集部・NANA

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!