顔相鑑定(122):窪田正孝のミステリアスな雰囲気を顔から分析してみた

顔相鑑定士の池袋絵意知が、今話題のあの人やこの人の顔相を解説します。今回は、俳優の窪田正孝さんを鑑定!

池袋絵意知 顔相占い

顔相鑑定士の池袋絵意知です。今回は10月4日からスタートする“月9ドラマ”『ラジエーションハウス2』(フジテレビ系)で主演を務める、俳優の窪田正孝さん。

2019年に放送され高視聴率を記録した『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』の続編で、前作のラストで“人工知能を使った読影補助ソフトの開発プロジェクトに参加するため渡米”した、窪田さん演じる五十嵐唯織が約束通り戻ってきます。


■白ヘビを見ているような感覚

窪田正孝

髪型でもガラリと印象が変わり、表情でもガラリと印象が変わる非常に鑑定が難しいお顔です。爬虫類のようでもあり両生類のようでもあり、新しいヒト型生物のような雰囲気があります。眼差しが独特です。

「ヘビ顔男子」の代表格は綾野剛さんですが、彼には殺気のようなものがあります。窪田正孝さんにはそれがなく、ただただミステリアスな雰囲気です。ヘビ以上にミステリアスな白ヘビを見ているような感覚です。


関連記事:水川あさみがインスタで結婚報告 “妹”永野芽郁も祝福 「大合唱しちゃお」

■目も隠れるほどの前髪の秘密

この唯一無二ともいえる瞳が窪田さんのミステリアスさを作っていますが、『ラジエーションハウス』では眉が完全に隠れ、時には目も隠れてしまうほど前髪を下ろした独特な髪型をしています。

眉が隠れるだけでも表情が読みにくくなるのに目も隠れるこの髪型によって、心が読みにくく何を考えているのかわかりづらいミステリアスな雰囲気を増大させています。

医師免許を持つのに放射線技師として働き、天才的な読影技術とセンスを持つ役にピッタリの顔と髪型です。

続きを読む ■ちょっとキモさが入った癒し系
  • 1
  • 2

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事