宮下草薙・草薙、初のマリンスポーツで仰天テクを披露 「逆にすごい」

マリンスポーツ・フライボードに初めて挑んだ草薙航基さん。スタジオも衝撃の技を披露し…。

宮下草薙

13日に放送された『クイズ!THE違和感』(TBS系)で、お笑いコンビ・宮下草薙の草薙航基さんが、マリンスポーツ「フライボード」を初体験。

不思議な技を披露し、話題になっています。


■「見た目に反して上手いところがある」

今回番組では、できたらかっこいい無謀なチャレンジ「フライボード」に、草薙さんを含めた5人の芸能人が挑戦。フライボードとは水上バイクの噴射装置を足に装着し、噴出される水圧で浮上するフランス発祥のマリンスポーツのことですが、草薙さんは初めて挑むそう。

スタジオで「運動神経ってどう?」と質問があがると、相方・宮下兼史鷹さんは「見た目に反して上手いところがあるんで、期待しているスタッフさんからは残念がられる声もありますね」と草薙さんの意外な実力を告白。草薙さん本人も「僕はいけると思ってます」と自信たっぷりに話しました。


関連記事:宮下草薙・草薙、芸歴を気にする問題に言及 「なんてカッコ悪いんだろう」

■1回目の練習で早くもコツ掴む?

ルールは、水面から高さ5メートルまで浮上し、ジェットポンプに記された黄色いラインが見えた状態で5秒キープできれば成功というもの。しかし、途中で落下し倒れたら失敗となってしまいます。

出演者が、挑戦者の練習風景から成功する人を予想するなか、草薙さんは1回目の練習でボードの上に安定して乗ることに成功。さらに、2回目は水中へと沈むものの、すぐに浮上するという動きを繰り返すことに…この様子を見て、思わず宮下さんは「拷問みたいになってる」と呟きました。

続きを読む ■初挑戦で”逆にすごい”技披露

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

おすすめ記事