かまいたち濱家、無駄遣いエピソードが小粒すぎる 「ちっちゃいよ話が」

自転車のシール、ユニクロのパンツ、みょうが…など、小さすぎる無駄遣いエピソードに反響。

かまいたち濱家

お笑いコンビ・かまいたちが1日、自身のYouTubeチャンネル『かまいたちチャンネル』(登録者数135万人)を更新。

濱家隆一さんの、想像以上に小さいエピソードに視聴者は苦笑。相方の山内健司さんもツッコミを入れました。


■濱家さんが無駄遣い先生に

今回、チャンネルでは大好評の先生企画を公開。その名も『無駄遣い先生』で、先生役は濱家さんです。

若手時代に、コンビ揃ってギャンブル好きだったことで知られるかまいたち。しかし、スニーカー収集の趣味を持つなど、今現在、浪費家のイメージがあるのは山内さんのほうで、濱家さん自身も「俺は意外に少ないほうなんですよ、無駄遣いっていうのは」とのこと。

山内さんも「めちゃくちゃ考えてから買うよね」と述べるなど、無駄遣いのイメージとは無縁のようです。

【動画】かまいたち濱家さん、過去の無駄遣いについて激白


関連記事:かまいたち濱家提唱『オールドファッション理論』に共感殺到 「わかる…」

■ユニクロのパンツを履かずに「無駄遣い」

そんな濱家さんが最初に語ったのは、中学生時代のエピソード。当時自転車に、自分の名前をアルファベットのシールで貼るのが流行っていたものの、位置をミスって「RYUICHI」の最後の「I」だけ貼りきれず、6枚が無駄になって買い直すことになった逸話です。1枚200円だったこともあって、このシールに合計2600円遣ったんだとか。

「金額じゃないのよ」「メンタル的にもやられる」と、これには共感していた山内さんでしたが、その次に話したのはユニクロのジャージパンツ(1980円)のエピソード。同じようなパンツはすでに何枚も持っていたものの意を決して購入、しかし、スマホをいつも入れる後ろ右側のポケットがなかったため、全然履いていないそう。

続きを読む ■みょうがをダメにして「無駄遣い」

50%ポイント還元【Kindle本】冬のキャンペーン 16日まで

おすすめ記事