ホラン千秋、V6三宅健の“あざとい気配り”に感動 「レベルが違う」

ホラン千秋さんがノックアウトされたあざとい芸能人とは?意外な人物を告白しました。

ホラン千秋

29日放送の『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)にタレントのホラン千秋さんが登場。

あざといと思った芸能人を告白し、話題を呼んでいます。


■三宅がホランの楽屋を訪問

バラエティだけではなく、キャスターとしても活躍するホランさんは、ある日楽屋で待機していた時のことを振り返ります。ドアをノックされ、そこに立っていたのは、V6の三宅健さん。

この時、ホランさんに「いつもNスタを観てます」と挨拶した三宅さんは「リモートでスタジオがつながっている時は普通は目線がなかなか合わないのに、ホランさんの番組ではきちんと話している方と目線が自然に合ってて、その場にいるかのように見える」と感想を述べてくれたのだそうです。


関連記事:V6三宅健がメンバーの「老眼」を暴露も… 明石家さんまの対応に称賛の声

■山里「バケモンだよ、この人」

ホランさんは、三宅さんが自分の行動をよく見てくれていることに感動したことを明かし「レベルが違う…」と三宅さんをべた褒め。

続けて「視聴者に違和感がないように気を付けていた些細なことに気づくところに、三宅さんのあざとい気配りを感じた」と三宅さんを大絶賛しました。

三宅さんの言動に、MCを務める南海キャンディーズ・山里亮太さんも「リスペクトを込めて言うけど」と前置きし、「バケモンだよ、この人。バケモン!」と驚きを隠せない様子を見せました。

続きを読む ■三宅を絶賛するホラン

→【Amazonタイムセール祭り開催中】食品10%ポイント還元キャンペーン同時開催 5月30日23時59分まで

おすすめ記事