児嶋一哉、スタッフへの逆ギレを反省 大食い企画で「申し訳ないことを…」

大食い企画に出演するも人並みも食べられず…「オファーを受けた俺が悪かった」と述べました。

児嶋一哉

23日、お笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉さんが自身のYouTubeチャンネル(登録者数94.3万人)を更新。

大食い企画に出演し、スタッフに逆ギレしてしまったことを反省しました。


■ペヤングを大食い…はしない児嶋さん

今回、チャンネルではペヤングの「超超超超超超大盛やきそばペタマックス」を、スタッフとみんなで食べる企画を実施。他ユーチューバーたちが大食いに挑戦するなか、少食っぷりで知られる児嶋さんは当然のようにみんなで仲良く食べることを選びます。

そんななか、児嶋さんは以前『有吉ゼミ』(日本テレビ系)で行われていた大食いコーナーに呼ばれたときのことを話すことに。事前にスタッフには「ほんとに食べれないから」と伝えていたものの、「大丈夫です」と言われてオファーを受諾。結果、「食べなきゃ」という気持ちから気持ち悪くなり、普通盛り以下程度しか食べれなってしまいます。

【動画】大食い番組でスタッフに逆ギレしたことを反省するアンジャ児嶋さん


関連記事:アンジャ児嶋、YouTubeから銀の盾届くもスタッフがミス 「おい!」

■スタッフの想像を超える少食だった

スタッフさん的にも想像よりずっと児嶋さんは少食だったようで、「もうちょっと…」と提案。しかし、事前に伝えていた児嶋さんとしては「だから言ったじゃん」という気持ちになり、「逆ギレみたいに」なったのだとか。

結果、スタジオは「こいつ何しに来たんだ…?」という空気に。冷静になったあとは、児嶋さんも「オファーを受けた俺が悪かった」「本当に申し訳なくなった」そうです。食べなければと思うと、慣れていない人は逆に食べられなくなるのかもしれませんね。

続きを読む ■「仲良し動画」「癒やされました」

→【2万冊以上が50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン

おすすめ記事