野々村友紀子の口撃に橋下徹氏もタジタジ 「育休ではなく育働」の考えに反響も

「家事・育児は妻任せ」な橋下徹さんに「何を開き直っているのか」とツッコミ炸裂の野々村さん。

■野々村の“口撃”にタジタジ

橋下さんから“当番表”の話を聞き、すかさず「当番表の橋下さんの枠は、何が書いてるんですか? あるんですよね、当然」と斬り込む野々村さん。

この質問に橋下さんは「当番表の枠に…入ってない」とタジタジ。自身について「ダメな典型例」と苦笑しました。

NewsBAR橋下
@ABEMA

野々村さんは「自分がやってください。お子さんが巣立った時に(家事が)出来たほうが絶対にいい」と伝え「洗濯物、たたむところからどうですか?」と提案。

「そうですね」と返答する橋下さんの姿に「やらへんな、今のこの感じ。絶対やらへん」と鋭い言葉を飛ばしました。


関連記事:中途障害者になった夫を支える美人妻、社会の温かさを語る

■「育休」ではなく「育働」希望

NewsBAR橋下
@ABEMA

そして野々村さんは、男性の“育休”についても言及。数年前と比較すれば、取得しやすくなったとはいえ、まだ多くの企業で“当たり前”にはなっていません。これについて野々村さんは「“育休”って“休み”にするからよくない。“育働(いくろう)”みたいに、育児しながら働く、っていう制度にしてほしい」と私見を述べます。

「『夕方の忙しい時に帰ってきてほしい』とか、『朝の手伝いをしてほしい』っていう人もいっぱいいて…」と、完全休暇ではなく、“働きながら育児もできる”という制度であれば、休みも取りやすく、復帰もしやすい状況になるのでは、と訴えました。


■「育働」の考えに賛同の声も

今回の放送に「橋下さんが言い訳するたびにスパっと突っ込んでくれてスッキリしたw」「昭和の遺物というか~と話す橋下さんに『開き直られても』ってぶった斬る野々村姉さん、さすが笑」などの声が寄せられています。

また、野々村さんが語った“育休”ではなく“育働”に…との意見には「ほんとそう。ずっと家にいてほしいわけじゃないのよ。男性も普通に時短勤務あればいいよね」「それ!数週間でも休むことで戻りづらいとか仕事がストップすることに恐怖を感じる気持ちもわかる。だから『育働』は賛成」との言葉も見られます。

・合わせて読みたい→中途障害者になった夫を支える美人妻、社会の温かさを語る

(文/fumumu編集部・冬野 とまと

→【Amazonブラックフライデー】年に1度のビッグセール! 12月1日(木)23:59まで。

この記事の画像(4枚)

おすすめ記事