好きな気持ちに嘘をつきたくない! 年の差恋愛を悪く言う人を撃退する方法

パートナーと年の差があることに対して、口を出してくる人っていますよね。

カップル
(Chad Baker/Jason Reed/Ryan McVay/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

残念ながら、年の差恋愛に偏見を持っている人はいまだに少なくありません。

fumumu取材班は、苦言を呈する人への対処方法を聞いてみました。


①激おこモードで彼を全肯定

大好きな人を否定されたら、素直に怒っていいでしょう。

「彼氏は12歳年上です。私は髪を茶色や金髪にすることもあるので、ぱっと見はキャバクラ嬢とカモのおじさんのように見えてしまうようです。だけど私は、彼のことが大好き。見た目もカッコいいと思っているんです。


でも友達からは『もう少しいい人選べばいいのに』とか言われることがあって、そんなときは『彼の何がわかるの? 私はカッコいいと思っているし、中身も最高なんだから』と、めちゃくちゃ怒りながら彼への想いを熱く語ります。好きな人を少しでも悪く言う人は、友達でも許せない」(30代・女性)


関連記事:年の差恋愛の何がダメ? 気持ち悪いという考えや偏見がある理由

②気にしない

本人同士が良ければ問題なし。

「私は彼氏と18歳離れています。『そんなおじさんと…』と反対する友達もいましたが、彼は年齢より見た目も中身も若く、私自身がおじさんだと思ったことは一度もないので、まったく気にしませんでした。


現にずっと円満で、今となっては反対していた友人も『うらやましい』と言うほど。他人に何を言われようと、自分が好きなら気にする必要はないのでは? 勝手に言わせておけばいいと思います」(30代・女性)

続きを読む ③「自分の人生だから」とはっきり

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回登録は30日無料。

おすすめ記事