親から婚活を勧められ… 角を立てない断り方3選

若い頃は交際を反対されてばかりだったけれど、30代半ばともなると親から婚活を勧められたりすることもあるでしょう。

疲れる女性
(Drazen Zigic/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

親から婚活を勧められた時、断るのも親に申し訳ない気がするし、かと言って今すぐ結婚するつもりもない…と、重荷に感じている人も多いのでは。

結婚するのは親ではないので、自分がその気になれない婚活を無理に頑張る必要はありません。

fumumu取材班が、角を立てない断り方について、詳しい話を聞きました。


①コロナ禍が落ち着いたら…

「コロナ禍を理由に、婚活を断りました。ワクチンを射ったからと言って感染しないわけではないし、感染を気にしながら自分以外の誰かと密な関係を築くのは難しいと思ったので。


断られた親はガッカリするどころか、『確かに』と納得。特効薬でも開発されない限り、追撃されることはなさそうです」(30代・女性)


感染のリスクを折ってまで婚活を勧める親はいないでしょう。


関連記事:結婚は無理! 婚活中の男性が「育ちが悪そう…」と思った女性の言動

②時間とお金の余裕がない

「婚活に使える時間もお金もないことを理由に、婚活は断りました。心配をかけたくなくて黙っていたけれど、『コロナ禍で将来の先行きが不安な中、スキルアップのために学習を始めた』と。


学習には時間もお金もかかるので、両方同時に進めるのはキャパシティーオーバー。『今が頑張り時だから』と言ったら、親も納得してくれたようです」(30代・女性)


婚活にお金を出してくれる親は少なくありませんが、時間は誰にとっても有限ですよね。

続きを読む ③遠距離恋愛は無理

→Amazonタイムセール祭り開催中~2月5日23時59分まで

おすすめ記事