キスマイ千賀、思い出の俳句に絶賛の声 メンバーの“先生”を超える結果に

俳句王の頂点を決めるタイトル戦に参加した千賀健永さん。気になるその順位は…。

ジャニーズ事務所

22日に放送された『プレバト!!』(MBS・TBS系)で、Kis-My-Ft2の千賀健永さんが、沖縄旅行の思い出を俳句にし、査定を務める先生から絶賛されました。


■「先生」を超える結果に

番組では『夏の俳句タイトル戦 炎帝戦2021』を開催。俳句査定で「才能アリ」と評されてきた全ての経験者224人の中から60人がエントリー。スタジオではその中から決勝に進んだ10人で、俳句王の頂点を決めることになりました。

なお、今回のお題は「Tシャツ」。順位を発表していく中で、決勝に進んだ同グループのメンバー、横尾渉さんは8位になり、北山宏光さんは7位に選ばれました。

そして、名人4段の称号を持つ千賀さんは4位であることが発表され、メンバー内で「先生」とあがめられている横尾さんを超えるという結果に…。


関連記事:中村ゆりか、『プレバト!!』の意外なテーマに苦戦 「むずかしかった」

■メンバーも「すごいな」

千賀さんがしたためたのは『光るシャツ ひるぎの森を 行くカヌー』という俳句。

以前沖縄へ旅行に行った際、河口などに生えている熱帯植物の総称「ひるぎの森」の中をカヌーに乗って進んでいたときのこと。Tシャツに反射する光を見たそうで、その思い出を俳句にしたとのことです。

なお、千賀さんの句に対し横尾さんは「ゆっくりした時間が全て見えるんで、すごいなって思います」と評価。夏井先生も「真っ白なTシャツを本当に気持ちよく表現してくれている」と絶賛。アドバイスを入れた上で、「本当に気持ちの良い、作者誰だろうと楽しみしていた句でした」と、褒め称えました。

続きを読む ■「1番好きかも」

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

おすすめ記事