河野大臣、自身のワクチン副反応の経過をツイート 「前回と違って…」

21日に2度目の新型コロナワクチンを接種した河野太郎大臣。自身のツイッターで、経過報告を行っています。

河野太郎

新型コロナウイルスワクチン接種担当大臣の、河野太郎行革相(以下、河野大臣)が、自身の公式ツイッターで、2度目のワクチン接種による副反応をリアルタイムで報告。

大臣自らの経過報告に、多くの反響が集まっています。


■2度目のワクチン接種

現在、各地で進むワクチン接種。それに伴い、デマ情報が多く流れる側面もあるため、常に付きまとうのが副反応への不安。個人でその結果は違うものの、発熱や倦怠感などが確認されています。

そんななか河野大臣は、21日の午前9時半ころに2度目の接種をしたことを報告。前回6月21日に1度目の接種をした際と同じ“かりゆし”姿で、ワクチンを打たれる写真を投稿しています。


関連記事:河野大臣、ものまね芸人と2ショット撮影 激似すぎて影武者説も

■同日は腕が腫れる

ツイートには、「経過観察中」と綴った河野大臣。その言葉の通り、6時間経過した同日15時半ころには「前回と同じように、腕を上げると痛い」と投稿。

さらに、12時間経過した21時半ころには「打ったところが少し腫れて熱をもってる」とのことで、冷却シートを用意。とはいえ「前回ほど腕をあげても痛くない」と、1度目との違いもツイートしました。

続きを読む ■翌日は発熱も

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

おすすめ記事