女子が激怒! 親しくないのにボディタッチをする男性のドン引き行動3選

好きな人に触られるのは嬉しくても、興味のない男性から触られるのは苦痛に感じることも…。

ボディタッチ
(Comstock Images/Stockbyte/Thinkstock/写真はイメージです)

適度なスキンシップは異性の距離を縮めるきっかけになります。しかし女性にとってはどんな相手にされるか、またどんな風に触られるかで、気分もだいぶ違うものです。

男性の中には、そんなことにも気づかずに女性になれなれしいボディタッチをする人もいるようです。

 

■不快になったことがある人は4割!

fumumu編集部が全国20代の女性296名を対象に、親しくない男性からボディタッチを受けて不快になったことがあるか調査したところ、「YES」は41.2%。
ボディタッチ

では、どんなボディタッチが不快になったのでしょうか。取材班は女性たちに体験談を聞いてみました。

 

①初対面なのに触ってくる

「初対面で会ったのに、本人的にはモテテクだと思っていたんでしょうけれど、話の中で腰をつかんできたりお尻ぎりぎりのところに手を置いたりする男性がいて、不快でしたね。

 

場の空気を乱すわけにもいかずに我慢したけれど、内心ではひっぱたいてやりたいくらい気分悪かった。女性が気を遣って笑っているのを勘違いして、調子にのらないでほしい」(20代・女性)

 

②胸などを触ってくる

「胸や太もものきわなどをボディタッチする男性がいます。『やめて』と言うと、『なんだよ』と逆ギレして、もっと手を伸ばして触ろうとしてくる。

 

顔見知りとはいえ、やっていることは痴漢と変わらないし、好きじゃない人に触られるのは女性にとって不快でしかない。やっていいことと悪いことがあるのをなんでわからないんだろうと不思議」(20代・女性)

 

③酔ったノリで調子にのって触ってくる

「飲み会のときに、酔うと気持ちが大きくなるのか、女性の二の腕をずっと揉んできたり通りすがりにお尻を触ったりなど、ニヤニヤ顔でしつこくボディタッチをしてくる男性がいます。

 

好意があって気を惹くための軽いボディタッチならかわいいけれど、酔ったノリで調子にのって触るのは女性をなめているとしか思えないし、されたほうの気持ちにもなってほしい」(20代・女性)

 

 

自分が不快に思ったときはしっかりと言葉や態度に出して嫌なことは伝えたいものですね。

・合わせて読みたい→男子から「下の名前を呼び捨てされて」不快になった瞬間3選

(文/fumumu編集部・コッセン

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年5月18日~2018年5月21日
対象:全国20代の女性296名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!