アインシュタイン河合、18年のバイト生活で「もうええわ!」 下積み時代語る

芸人時代合わせて18年間バイトした河井さん。最終的には「ホンマにもうええわ!」とツッコミのような心境だったようです。

■バイト辞めた後、給料が3万円になった稲田

そんな河合さんに対し、稲田さんがバイトを辞めたのは「26歳」の頃。これには河井さんも「若っ」と驚きますが、稲田さん的には「アインシュタイン組んですぐなんですよ。結構無理やり辞めた」と、8万円を超えたところで卒バイト生活したことを明かします。しかし、翌月の収入は3万円程度に…。

このときのことを、稲田さんは「その明細をお昼ぐらいに見たんですよ、家で。『うわあ…』って思ってたら夕方になってた」と述懐。なおそのとき、外ではカラスが鳴いていたそうです。このエピソードに河井さんが「気失ってるやん。ショックすぎて」とツッコミを入れると、稲田さんはうなずきつつ「マジであのときは怖かったですねえ」と語りました。


関連記事:アインシュタイン稲田、強烈インパクトの「顔面テープ芸」に悲鳴起きる

■「頑張ってきたんだな」「偉い」

今回の動画に対し、視聴者からは様々な反響が。

「おふたりの今までの人生のお話色々聞けるのとても嬉しいです」「ゆずるさん、33までバイトしてたのかぁ。めちゃくちゃ頑張ってきたんだなー」「気失って…カラス鳴いた。どんな現象よ~」「お給料下がるのは辛いですねえ」と言った声のほか、「私も若い頃、家にお金を入れるため仕事を辞めることができませんでした。そして、やりたい事も諦めてしまいました。河井さんは家にお金を入れつつ、自分の力でやりたいことをやり続けていて、本当に偉い人だなぁと思います」などの声が確認できます。

・合わせて読みたい→アインシュタイン稲田、強烈インパクトの「顔面テープ芸」に悲鳴起きる

(文/fumumu編集部・柊青葉
  • 1
  • 2

おすすめ記事