天海祐希、リアル刑事にスカウトされた過去 宝塚時代の大手柄明かす

女優の天海祐希さんが過去にスリ犯を見つけた過去を告白。その能力から「刑事にならんか」と言われたそうです。

天海祐希

8日、トーク番組『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に、女優の天海祐希さんが登場。

同日スタートの『緊急取調室』(テレビ朝日系)では警視庁捜査一課の刑事を演じる天海さんですが、宝塚歌劇団時代に、リアルに犯人逮捕に尽力した過去を語りました。


■”人情家族”で生まれ育った天海さん

同番組の出演は今回で7回目となる天海さん。黒柳徹子さんとおだやかなトーンで、“アニキ”と呼ばれていることや、結婚について語り合っていきます。

トークのなかでは、自身が下町の”人情家族”で生まれ育ったことも告白。父親が人を放っておけず喧嘩の仲裁が3度のご飯よりも好きだった…なんてエピソードも明かされました。

するとそこで黒柳さんが「そういえば、天海さんもスリ捕まえたことがあるんですって?」と質問。どうやら、宝塚歌劇団だった当時、京都の桂駅でスリを発見したことがあるそうで、そのときの出来事を回顧します。


関連記事:彼とどれくらいしてる? みんなのエッチの頻度が判明

■目前に迫るスリ犯

天海さんいわく、同駅は特急と乗り換えができる場所だったため、少し停車時間があったそう。すると、そのときに“おじさん”のスリを発見。

そこで天海さんは、スリ犯が停車中に電車を降りてしまわないよう注意しつつ駅員のもとへ。5〜6人の駅員とともに電車に戻り、駅員がスリ犯に対し「あなたがスリをしたのを見た人がいる」と声をかけたのだとか。

ところが、複数の駅員のなかに一般客は天海さんひとりだったため、スリ犯は「おまえか、このガキ!」と目前まで迫ってきたそう。

続きを読む ■「頭の中でプチンと何かがはじけ」反撃
  • 1
  • 2

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事