他人に振り回されるのは卒業! 人と自分を切り分ける3つのコツ

相手の感情やペースに巻き込まれて、いつもぐったりしていませんか?

選択
(Zbynek Pospisil/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

いつも周りに振り回されて、自分の気持ちは後回し…。どうすれば『人は人! 自分は自分!』と割り切ることができるのでしょうか?

他人に振り回されないためのコツを、fumumu取材班が聞いてきました。


①その感情は誰の?

「共感性が高い人って、自分以外の感情に振り回されがちだと思います。人の悲しみや怒りを、まるで自分のことのように受け止めてしまうんですよね。


人のことで泣いたり怒ったりできるのは、長所だと思うけど…。それで自分が苦しむのは問題だから。他人の感情に飲み込まれそうになったら、『この感情は誰のもの?』と考えるといいですよ。


冷たい言い方になるけど、どれだけ他人に感情移入しても、根本的な解決は当人しかできないから。『自分には関係ない、この感情はあの人のもの! あの人が解決するしかない』と意識することで、自分のフィールドを守れると思います」(20代・女性)


関連記事:「他人の感情に振り回されたくない…」 自分の意識を持って過ごす3つのコツ

②共感と味方は…

「学生時代は、周りの子にすごく振り回されていたと思います。相手の気持ちに共感することが、相手の味方になることだと思っていたから…。


その考え方のせいで、相手と一緒に感情があっちこっちに行ってしまって。自分の気持ちをないがしろにしていたんですよね。


今は、考え方が違っても相手の味方になれると思っているので。親しい子と考え方が違っても、『自分は自分!』と思って意見を相手に伝えています。自分の軸ができたおかげで、相手の意見に振り回されなくなりましたよ」(20代・女性)

続きを読む ③対等な関係?

おすすめ記事