「脱・いい人」を目指そう! 気が乗らない誘いをサクッと断るコツ

「行きたくない」「やりたくない」そう思うなら、サクッとお断りしちゃいましょう。

悩む人
(takasuu/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「断るのは申し訳ない」「ハッキリ断るのが苦手」 気が乗らない誘いをどう断るか、うんうんと頭を悩ませていませんか? どうすれば、角を立てずに相手にNOを伝えることができるのでしょうか。

気が乗らない誘いをサクッと断るコツを、fumumu取材班が聞いてきました。


①沈黙しない

「気が乗らない誘いだとしても、沈黙はなるべく作らないほうがいいですよ。沈黙の後にあれこれ理由を付けて断っても、その沈黙によって、OKしたくない気持ちが相手に伝わってしまうと思います。


沈黙って、相手にいろいろ想像させてしまうから。相手も勇気を出して誘っているのかもしれないのに、『断られるのかな?』と不安な気持ちのまま待たせるのも悪いですよね。断るときはスピーディーにハッキリと! を意識して、サラッと軽く断るほうがお互いに楽だと思います」(20代・女性)


関連記事:エッチがうまそうな男性って? 普段の言動から見極める方法

②正直に理由を…

「よっぽどうまく理由を作らないと、嘘を付いて断ってもバレると思うんです。後から嘘だとバレたときのリスクも高いから、正直に理由を伝えるのが一番だと思いますよ。


日程が合わない以外にも、断りたい理由はたくさんありますよね。誘われた内容に興味がない、体調が悪い、ひとりで過ごしたい気分だから…などなど。


私は、ひとりで過ごしたい夜に飲み会に誘われたら、そのまま『今日はひとりでゆっくりしたい~』と伝えます。それで無理に誘ってきたり、裏で悪口を言う人たちなら、むしろ仲よくならないほうが自分のためです」(20代・女性)

続きを読む ③ドタキャンはNG
  • 1
  • 2

おすすめ記事