「花のある暮らし」を始めよう 無理せず生活に花を添えるヒント

癒やしとしても、インテリアとしても。生活にお花を取り入れてみませんか?

花と女性
(Maryviolet/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「花がある暮らし」に憧れつつ、なんだかハードルが高そう…と足踏みしていませんか? 日常にお花を添えるために必要なのは、ほんの少しの工夫だけかもしれません。

生活にお花を添えるヒントを、fumumu取材班が聞いてきました。


①一輪挿しから…

「花って、意外と高いじゃないですか。手間をかけて育てているものだから、それなりにするのは当然かもしれないけど…。特に考えずに花屋さんであれこれ選ぶと、想像以上に合計額が高くなるんですよね。


部屋に花を飾りたいと思いつつ、生活費は切り崩せないので、私は毎回一輪だけ買うようにしています。花が一本あるだけでも、部屋の雰囲気が全然違うんですよ。


一輪だけなら、花の組み合わせに悩むこともないし。お気に入りの一輪挿しを見つけると、さらに花を飾るのが楽しくなると思います」(20代・女性)


関連記事:彼とどれくらいしてる? みんなのエッチの頻度が判明

②水やりはルーティンに

「水やりを毎朝のルーティンに組み込んでから、花がある生活が日常になりました。朝起きて顔を洗う前に、サッと水を変えてしまうんです。


自分の支度を先に始めてしまうと、水やりがズルズルと後回しになって、最終的に面倒に感じてしまうから。花を飾る場所も、最初は水回りの近くに置くのがいいんじゃないでしょうか。


『1日のスタートに、まずは花の水やりをしたぞ!』と思うと、いい気分でその日を始められますよ」(20代・女性)

続きを読む ③造花もあり◎

→【Amazon】日用品・食品・飲料サマーセール開催中 8/12まで

おすすめ記事