元E-girlsアンエンユリ、タトゥー公開に反響 きっかけや想いを語る

元E-girlsのアンエンユリが、自身のタトゥーのデザイン、そこに込めた想いなどを語りました。

youtube
(Prykhodov/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

元E-girlsの須田アンナさん、YURINOさんから成るYouTubeチャンネル『アンエンユリ』(登録者数19.9万人)が29日に更新。

それぞれのタトゥーを公開し、入れたきっかけやデザインへの想いなどについても語りました。


■エンジェルのタトゥー

須田さんが最初に紹介したのは右腕(肘の上)のエンジェル。タトゥーを入れる前のデザイン探しの段階からかわいいと思っていたそうで、きっかけは現在交際中の恋人・ののさんへの片想いだったそう。「その恋が叶ったらいいなあって感じで」入れることにしたそうです。

なお、このエンジェルをきっかけに、ふたりのファンクラブのキャラもエンジェルにしたよう。「アンナの体に入ってるものが、ファンクラブのグッズのデザインになってる」(YURINOさん)とのことで、恋だけでなく、仕事にもいい影響を及ぼしてるようです


関連記事:「彼氏にセフレがいてもOK」 言い切る女性の心理

■蝶やアメジストも

一方、YURINOさんが最初に紹介したのは右腕肘近くの蝶。沖縄を訪れた際、友達と「明日タトゥー入れにいこうよ」という話になって、その旅で多くの蝶を見ていたことが決め手になったそう。

さらにYURINOさんは右腕肘裏の「AMETHEYST(アメジスト)」を紹介。自身の誕生月である2月の誕生石で心に平穏や安らぎ、癒やしをもたらしてくれるとされていることや、亡くなった祖母が5月生まれであるにも関わらず、YURINOさんの存在を理由に「一番好き」と話していたことなどが理由なようです。

続きを読む ■父親にタトゥーを見せたら…

→【Amazon】日用品・食品・飲料サマーセール開催中 8/12まで

おすすめ記事