小峠英二、こがけんの手料理に悲しすぎる言葉を放つ 「めちゃくちゃヒドい」

「おいでやすこが」のこがけんさんが、過去に小峠英二さんに手料理をふるまっていたものの、まさかの反応をされてしまいました。

小峠英二 こがけん

28日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に、お笑いコンビ・おいでやすこがが登場。

こがけんさんが、バイきんぐ・小峠英二さんから悲しい反応をされてしまう一幕がありました。


■板前修行をした過去

2001年に当時の相方とコンビを組み芸人として活動していたものの、2002年に解散し芸人を休業したうえで板前修行をしていたという、こがけんさん。

6月18日に放送された、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)では、もともと慶應義塾大学を卒業し、大手広告代理店にに就職活動していたなど、現在メディアで見る顔とは違う一面を明かしていました。

なお、板前修行は和食居酒屋で5年間。とても真面目にやっていた様子ですが、本人が「食べるほうが好きだなぁ」と気づき芸人に戻ったそうです。


関連記事:「彼氏にセフレがいてもOK」 言い切る女性の心理

■南原さんから料理話をふられ…

そこで番組冒頭では、司会のウッチャンナンチャン・南原清隆さんが当日のトピックに料理コーナーもあることから、「こがけんはなんか、料理うまいんだって?」と質問。こがけんさんも、20代は板前をやっていたこと、そして実家も居酒屋であることを説明しました。

すると、小峠さんがその手料理を食べたことがあるそうで、感想を求められることに。

続きを読む ■小峠さんの悲しすぎる回答

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事