謙遜のつもり? 実はウザいと思われている女子の失言3選

本人に自覚がないと、余計にムカつくことも…

女性同士
(OkinawaPottery/istock/Thinkstock/写真はイメージです)

謙遜は「美徳」と言われていますが、話し方次第では、逆に嫌味として捉えられてしまう場合も…。

特に、評価が厳しい女性同士のやりとりでは、ウザがられてしまうこともあるようです。fumumu取材班は、謙遜する発言をウザいと思った経験のある女性に話を聞いてみました。

 

①「私なんて全然…」

「同期が大役に抜擢されました。『すごいね。がんばってね』と声を掛けたら、『私なんて全然だよ。むしろ、あなたが適任だと思ってるのに…』と返されて。

 

そんなことを言われると、選ばれなかった私はとても惨めな気持ちになってしまって…かなりムカつきました。それ以来、彼女といると自分が蔑まれているように感じてしまうので、距離を置くようになりました」(20代・女性)

 

②「お願いされて仕方なく…」

「雑誌を見ていたら、友だちが読者モデルとして載っているのを発見。すぐに『雑誌見たよ』とLINEしたら、『お願いされて断りきれなかったから、仕方なく撮影に協力したんだけど…結局掲載されたんだ~』と返信が来ました。

 

ただ、友だちが載ってるのを見つけてテンションが上がっただけだったので、こんな風に返されると正直ウザいなって。別に、カワイイとか褒めてるわけでもないし…勘違いも甚だしい」(10代・女性)

 

③「みんなに申し訳なくて…」

「バイトから契約社員に昇格した同僚。担当部署が変わるとのことで、異動の挨拶があったのですが…『私だけ社員として選ばれて、皆さんには申し訳なくて。でも、離れていても、気持ちはずっと一緒です。応援しています』と。

 

努力して契約でも社員になれたのなら、素直に感謝すべきではないでしょうか。まだ喜んでくれた方が、応援したい気持ちにもなれたと思います。でも、『申し訳ない』なんて言われると、とても不愉快で…今後、異動で戻ってくることがあったとしても、今の部署にはもう彼女の居場所なんてありませんよ」(20代・女性)

 

相手への配慮を心掛けて、返答に迷った場合は、もし自分が相手の立場だったら、どんなことを言われたら嬉しいかを考えて言葉を選んだ方がいいかもしれませんね。

・合わせて読みたい→証拠を見せろ! 女子が苦笑した「男子のウザい武勇伝」3選

(文/fumumu編集部・NANA

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!