「私に冷たくない…?」 他人の態度に振り回されない3つのコツ

周りの態度を気にしてばかりで、もう疲れた! 他人に気持ちを乱されないコツをご紹介します。

落ち込む女性
(Joerg Steffens/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「あの人、私にだけ冷たい気がする」「なんか言葉にトゲがない?」 他人のちょっとした態度に振り回されて、常にぐったり疲れていませんか?

自分にとって大切な人でもないのに、気持ちが乱されるのも悔しいですよね。

どうすれば、周りを気にせずにいられるのでしょうか。フラットな気持ちで過ごすコツを、fumumu取材班が聞いてきました。


①嫌われても…

「相手に冷たい態度を取られたり、トゲのある言葉をぶつけられたら、ショックを受けることが当然だと思うんです。その気持ちは認めていいと思うけど、もし本当に嫌われていたとしても、自分にはどうしようもないですよね。


嫌われたら仕方ない! と割り切って考えたほうが、自分が楽だと思いますよ。私は、相手の好き嫌いは相手の問題だと思っているんです。誰かを嫌いになっても、それでイライラしていても、それは相手が抱えるべき問題だから。


嫌いになられた側にできることって、すごく少ないと思います。『嫌いの感情は、そっちで処理してくださいね』と考えると、気持ちが吹っ切れてスッキリするんじゃないでしょうか」(20代・女性)


関連記事:会うたびエッチをしたがる彼氏 その心理と有効的な対処法

②対抗しない

「相手に嫌われている気がするから、こっちだって嫌い! と対抗すると、余計に関係性がこじれてしまうと思います。相手の態度を細かく気にして、いちいち振り回されるのも疲れるし。


相手にどう思われているか、本音はわからないですもんね。冷たくされていると感じているのは自分だけで、相手に他意はないかもしれないし。


他人の気持ちはわからないと諦めて、自分はいつも通りの態度で接したほうが、ストレスがたまらないと思います」(20代・女性)

続きを読む ③自分に集中!

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事