「人のせい」はもうやめたい! 責任転嫁をやめる3つの方法

とっさに誰かのせいにして、後悔していませんか? 「人のせい」をやめるヒントをご紹介します。

深呼吸
(Bojan89/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

理想の結果にならなかったとき、つい「あの人のせい!」と責任転嫁していませんか? 周りに責任を押し付けてばかりだと、いつか本当に大切な人からも幻滅されてしまうかもしれません。

人のせいにする自分から抜け出す方法を、fumumu取材班が聞いてきました。


①まずは深呼吸

「相手のせいにしそうなときは、まずはとにかく深呼吸! を意識しています。怒りのままに相手を責めてしまうと、冷静になったときに高確率で後悔するから。


怒りや焦りって、瞬間的にぶわっと出てくるじゃないですか。深呼吸をひとつはさむと、勢いで相手に感情をぶつけないですむんです。


自分ではとっさに口から出ただけの、まったく本心ではない言葉でも、相手からしたら関係ないですから。冷静さを失って相手を責めてばかりだと、いつか縁を切られてしまうと思います」(20代・女性)


関連記事:「彼氏にセフレがいてもOK」 言い切る女性の心理

②立場が逆なら?

「『絶対にあっちが悪い!』と思ったら、相手と自分の立場を逆にして考えてみるのがおすすめです。相手に非があると思っていたことでも、立場を逆転してみると、むしろ自分側に問題があると気付くかもしれないですよ。


自分の立場だけで考えると、どうしても自分を守る意識になりがちだから。お互いの立場で物事を考えることで、片方に非があるわけではないと思えるんじゃないでしょうか」(20代・女性)

続きを読む ③相手に期待しない

おすすめ記事