女子がドン引き「1円単位で割り勘をする男子」のありえない言い訳3選

割り勘のときに発する言葉ひとつでイメージは大きく変わってしまうようです。

割り勘
(AH86/istock/Thinkstock/写真はイメージです)

今は時代の流れもあり、男性が必ず奢ってくれると思っている女性は少ないもの。しかし1円単位まで細かく割り勘にされたら、少し戸惑ってしまうこともあるでしょう。

中には、細かな割り勘にした挙げ句に、とんでもない言い訳をする男性もいるようです。

 

■細かな割り勘が嫌な女子は5割

fumumu編集部が全国の20代女性296名を対象に、デートで1円単位で割り勘をされたら嫌だと思うかを調査したところ、「YES」は48.6%。

デート

取材班は、1円単位の割り勘のときに言われて嫌だった言葉がある女性に話を聞いてみました。

 

①「奢りとか嫌なんでしょう?」

「相手から誘われたデートで1円単位の割り勘をされました。向こうが年上でもあったので、奢りを期待していたのが正直なところでも、あんまり嫌な顔をするのも大人げないと思い、普通に払いました。

 

でもお互いに小銭を出しながら『いまの女の子は奢りとか嫌なんでしょう? 平等がいいんだよね』と、まるで私のためを思って割り勘にしたような言い方。

 

あきらかに自分がケチで払いたくないだけなのに、なに言っちゃってんの…と、さすがにイラっとした」(20代・女性)

 

②「なんで男が払わないといけないんだ」

「1回だけデートした男性に『俺は奢るのとか嫌なんだよね。なんで男が払わないといけないのかわからない』と持論を長々と聞かせられ、細かく割り勘にされました。

 

私は割り勘でも気にしないタイプだったけれど、『なんで男が…』などとネチネチ文句を言われると、お金のことより発言で『面倒くさい人だな』思ってしまったのが正直なところ。

 

割り勘のときの言葉ひとつでイメージが変わると思う」(20代・女性)

 

③「お金ないから」

「食事中にも『お金ないから』を連発して、お会計のときに『お金ないから割り勘でもいい?』と1円単位の割り勘にした男性がいました。

 

もう一緒にいるあいだに20回くらいは『お金ない』発言を聞いて、そんなに大声で言わなくてもいいのに…と思ったし、割り勘にするための伏線にも見えてちょっと引きましたね。

 

普通に『割り勘でもいい?』だけがまだ印象いい」(20代・女性)

 

お金に対する考え方が違う異性と付き合うのは難しいともいわれています。もしもお会計のときの発言で、自分のこころに引っかかるものがあれば、深い関係になるのは控えたほうがいいかも…。

・合わせて読みたい→男子に好印象! 割り勘を提案した女子の素敵すぎる行動3選

(文/fumumu編集部・コッセン

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年5月18日~2018年5月21日
対象:全国20代の女性296名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事

関連キーワード


fumumuをフォローしよう!