おいでやすこが・こがけん、コンビ内格差の不満 「息子まで…」

コンビ内格差に、おいでやすこがのこがけんさんが不満。「息子まで小田さんのほうに…」と感じているそうです。

おいでやすこが

16日放送の『太田伯山ウイカの「はなつまみ」』(テレビ朝日系)に、お笑いユニット・おいでやすこがの2人が出演。

こがけんさんが、おいでやす小田さんとのコンビ内格差に不満をのぞかせました。


■「番組観るのつらい」と本音

昨年の『M-1グランプリ』で準優勝し、一気に注目されるようになった同コンビ。今まさにテレビに引っ張りだこの2人ですが、ここにきてコンビ格差が気になってきたことをこがけんさんが明かします。

おいでやすこがといえば、こがけんさんの歌ボケに小田さんが大声でツッコミをいれる芸風ですが、やはり小田さんのツッコミが注目されてしまうのが現状のよう。

テレビ出演も、小田さんだけが呼ばれる番組も増えてきたそうで「小田さんだけ出てる番組を観るのがつらい」と正直な気持ちを告白しました。


関連記事:苦痛な時間… 女性が「やってらんねぇ!」と思ったエッチ3選

■息子まで小田さんのほうに…

そんなこがけんさんの悩みは仕事だけでなく家庭でも。こがけんさんは息子に「M-1の歌うたって」とせがまれることがあり渾身の歌ボケを見せるも、息子が小田さんの「知らんなー!」という大声ツッコミをマネするため、そのときの心境は「マジで地獄」なのだそう。

「世間が小田さんばかりに注目してるなか、息子まで自分のマネじゃなくて小田さんのほうにいってるってのは、なかなかキます」と切実に訴えるこがけんさん。爆笑問題・太田光さんから「それは本物にやってもらってるってことじゃないの?」「逆に(小田 さんのマネをせがまれる)そっちのが嫌だろ?」と問われて「確かに…」と答えるこがけんさんですが、やはり複雑な思いは消えないようです。

他にも、息子は小田さんの鉄板ネタ「川の向こう岸にいる人に言うセリフちゃうやろ」を意識し、ベビーカーに乗った赤ちゃん連れの人に向かって「かわいい赤ちゃんですねー!」と大声で言ったりすることもあったそう。

そんな経緯もあり、こがけんさんはもう息子に、おいでやすこがのネタを見せないように気をつけているのだといいます。

続きを読む ■全カットの理由は他に?

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回登録は30日無料。

おすすめ記事