指原莉乃、プロデューサー論を語る「秋元康さんに似てしまう」

プロデュースする=LOVEに人生の生き方を教えるさっしー

指原莉乃8日放送の『ZIP!』(日本テレビ系)に、タレントの指原莉乃さんがVTRで出演。プロデューサーの秋元康さんと自身の似ている一面を明かしました。


■「こんなに時間がかかると知らなかった」

先月、オリコン週刊アルバムランキングで1位を獲得した、指原さんのプロデュースする11人組のアイドルグループ・=LOVE(イコラブ)。

指原さんは、メンバーの育成とすべての楽曲の作詞を担当。そして、ついに結成4年目で初のアルバムランキングで首位に輝きました。

AKB48の5期生としてメンバーに入ったという指原さんは、自身を「すでに売れていたときに流れで入ったタイプ」と笑います。そのため「1位をとるまで、こんなに時間がかかると知らなかった」と驚きました。


関連記事:EXITりんたろー。が伝えた「若者の現状」に尾身会長は絶句 対談は大きな反響

■「どうしても厳しくなってしまいます」

「=LOVEの一員になっても、人気1位になる自信があるか」との質問には「ないです」と即答した指原さん。

さらに指原さんは、プロデューサー・秋元康さんのプロデュース法を真似している部分があるそう。行動の多くが秋元さんに似てしまうと言い「どうしても厳しくなってしまいます」と明かしました。

続けて「例えば、メンバーから、このくらいのちょっとした反抗的な意見のメールが来るんですけど」と、指で小さな円を作る指原さん。

続きを読む ■メンバーには「人として幸せに生きてほしい」
  • 1
  • 2

おすすめ記事