覚えておきたい「リボ払い」の仕組み 大学デビューした人は利用しがち

リボ払いは毎月払う金額は同じなど、便利な部分がある一方で、無計画な利用で支払い期間が延びることも。

(GeorgeRudy/iStock/Thinkstock)

春から大学生や新社会人になる人はクレジットカードを作ろうと考えている人もいるでしょう。クレジットカードの支払いには、1回払いだけでなく、リボ払いや分割払いなど、一度に支払う金額を調整する方法があります。

リボ払いは便利そうにも思えますが、仕組みをしっかり理解していないと、後悔してしまうこともあるようです。

 

■リボ払いの仕組み

リボ払いは、月々ほぼ一定の金額を支払う方法です。つまりいくら使っても、毎月払う金額は同じなので、支払いの計画を立てやすいところに特徴があるサービス。

しかし、一般的な分割払いの手数料よりも高い年利15%程度の手数料が毎月プラスされることや、毎月の返済額を少額にして、無計画に利用していると、支払い期間が延びるなど、リボ払いについて正しく把握することが必要です。

 

■リボ払い使ったことある?

fumumu編集部では、全国20〜60代のクレジットカードを持っている男女1,072名に「リボ払いについて」の調査を実施。

「リボ払いを利用したことがある」と答えた人は、全体で22.3%。利用者は5人に1人と、一定の人数が使っています。

性別・年代別では、すべての年代で男性が多い割合になっています。

リボ払いを使ったことがある性年代別グラフ

中でもお金を使う趣味にハマっている人は、リボ払いを利用する人が多いようです。

「男友達があるアイドルのファンで、イベントに行くためにCDをいっぱい買っています。リボ払いでとりあえず払って、バイト代が入ったら返すそう」(20代・女性)

 

「ソシャゲにハマって、課金をしまくった時期があった。勢いあまってリボ払いまで使ったけど、急に我に返りなんとか無茶をしなくて済んだからよかった」(20代・男性)

 

■大学デビューにはお金がいるので…

特徴別で調査してみると、大学デビューをしたと答えた人の4割以上でリボ払いを利用したことがあります。

リボ払いを利用したことがある傾向別グラフ

楽しい世界を覚えて散財をしてしまう気持ちは、理解ができる人も多いでしょう。

「高校のときは、ほとんどお金を使いませんでした。でも大学に入ってから飲み会とかいっぱいあるし、ファッションやメイクにも興味を持ち始め、お金がいくらあっても足りない状態に。

 

お金が足りないときに『ちょっとだけ』とリボ払いに手を出してしまい、そこから長い付き合いが始まりました。社会人になって、ボーナス時に多めに返すなどしています。

 

あとちょっとで完済ができそうなので、ようやく借金なしの生活になれそうです」(20代・女性)

 

支払い残高や毎月の手数料などを確認し、きちんと計画的に利用することが大切ですね。

・合わせて読みたい→成人年齢引き下げで「お金のトラブル」増加が心配…注意すべき点は?

(文/fumumu編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20〜60代のクレジットカードを持っている男女1,072名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!