金爆・鬼龍院翔、自粛期間で寂しさ綴り反響 「楽しい食事がしたいねえ」

大人数での食事がままならない今日このごろ、金爆・鬼龍院さんが、その心情をツイートしました。

鬼龍院翔
(画像提供:鬼龍院翔)

1日、ゴールデンボンバーのボーカル・鬼龍院翔さんが自身のツイッターを更新。

現在、多くの人が思っているであろう心情を綴り、反響が寄せられています。


■コロナの影響でひとり食事

いまだ予断を許さない新型コロナウイルスの対策として、20日まで延長となった9都道府県の緊急事態宣言。飲食店など直接の影響がある人はもちろんのこと、孤独感や不安を感じている人も多い状況です。

中でも食事に関しては、緊急事態宣言の発出は関係なく、感染対策としてここ1年ほどは基本ひとり…という人も多いのではないでしょうか。

鬼龍院さんも、そんな状況なのか、自身のツイッターで食事に対する心情を吐露しました。


関連記事:彼氏が一瞬でその気に…! 女性のエロい言動3選

■一緒に食べる人が大事?

投稿では「仲良い人と食べる美味しい食事←楽しい」「仲良い人と食べる美味しくない食事←結局楽しい」と綴った鬼龍院さん。

続けて「一人で食べる美味しい食事←楽しくない」「一人で食べる美味しくない食事←当然楽しくない」とし、一緒に食べる人の重要さをツイート。

そして、最終的には自身の「舌が三流」ゆえか、味より雰囲気に流されちゃうとし、「楽しい食事がしたいねえ」と、胸のうちを明かしました。

続きを読む ■「一人暮らしって孤独」「誰と食べるか」

→Amazonタイムセール祭り開催中~2月5日23時59分まで

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事