あの頃に戻って…大人も注文できる「お子様ランチ」が超カワイイ

高円寺にある「Baby King Kitchen」のメニューと店内のぬいぐるみたちが可愛すぎました

おいしいものを少しずつ味わえる夢のプレート、お子様ランチ。食べられるのは子どもの特権だと思っていたのですが、東京・高円寺にある「Baby King Kitchen」では、大人でもお子様ランチが食べられるんです!

 

■もふもふのぬいぐるみに囲まれて

店内に入ると、多数のぬいぐるみたちがお出迎え。ぬいぐるみの種類や形、大きさもそれぞれですが、縦に積まれた小さなクマ集団のインパクトはすごい!

壁に貼られたたくさんのシールも賑やかで、子ども心を思い出させてくれます。

fumumu取材班が座ったテーブルには、大きなクマが向かい側に座っていて、まるでデートをしている気分。隣に座ってクマと2ショットを撮ればインスタ映えにもなりますね。

 

■ボリュームたっぷり!お子様ランチ

お子様ランチが到着。じつは、記者が小学生のときに連れて行ってもらったお店で、「小学生未満」限定のため食べられなかった思い出があり、今回のお子様ランチは念願のメニュー。

プレートにはチキンライス、サクランボが乗ったプリン、エビフライ、サラダ、たこさんウィンナー、にこにこ笑顔の可愛いポテト、スパゲティ、そして目玉焼きがのったハンバーグ、と大人用だけあってボリュームたっぷり。値段は1,200円(税抜き)。

チキンライスを口に入れると、ケチャップの甘酸っぱい香りがどこか懐かしい感じ。玉ねぎのシャキシャキとした食感と、ウィンナーの甘さが絶妙でおいしいです。

エビフライはさくっとした衣の食感が口全体に広がります。たこさんウィンナーの下にあるタルタルソースもコクがあって濃厚な味わい。

そして、見た目が可愛いたこさんウィンナーとポテト。たこさんウィンナーには久しぶりに会った気がします。こうした見た目の一工夫が、大人でも楽しめるように配慮されています。

 

また、ハンバーグをお箸で切ると、中から肉汁が溢れ出て、本格的なハンバーグにびっくり。目玉焼きとの相性はもちろんばっちりです。

スイーツのプリンはなめらかで、濃厚な甘さに思わず笑みがこぼれます。最後まで楽しませてくれるお子様ランチは、やっぱり夢のプレートだなと改めて実感しました。

 

■「おまけ」が嬉しい

ボリューム満点のお子様ランチを食べ終えたころに、店員さんが可愛い木箱を持ってきてくれました。木箱の中には可愛いオリジナルの缶バッチが数種類。記者が選んだのはお子様ランチの旗のキャラクターに似せた、プリンのような絵が描かれた缶バッチ。

缶バッジ

大きなクマを隣に、贅沢なお子様ランチを食べて、可愛さと美味しさに癒されることまちがいなし! 缶バッチをもらいに、また来たいと思います。

【店舗概要】
「Baby King Kitchen」
住所:東京都杉並区高円寺北3-2-15珍来ビル2F
営業時間:11:30~22:00(L.O.21:30)
定休日:不定休(お盆・お正月)

・合わせて読みたい→ホステスに愛犬家が増えているのはなぜ? ペットを飼う3つの理由

(文/fumumu編集部・haruna

この記事の画像(5枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!