南明奈、夫・濱口優と妊活事情を語る 子宮内膜症で人工授精も考えていた

子宮内膜症やチョコレート嚢胞を乗り越え、妊娠したことを明かしました。

南明奈

よゐこ・濱口優さんと妻の南明奈さんが運営するYouTubeチャンネル「おうちのまさる」(登録者数2.4万人)が24日に更新。

妊活事情について涙ながらに語り、注目を集めています。


■実は苦しかった妊活

南さんは冒頭、インスタグラムのDMで「妊娠のためにしていた取り組みを教えてほしい」というファンからのメッセージが何件か届いたことを告白。これを受ける形で、自身の妊活について、濱口さんを聞き手に明かしていきます。

約5年の交際を経て、2018年5月に濱口さんと結婚した南さん。2019年9月に挙式・披露宴を行ない、先月4月に妊娠5カ月であることを発表…と一見順調そうに見えますが、10~20代前半までまったくなかった生理痛が20代後半から急に痛みを増し、「毎月薬を飲む、もう動けない日も出てくるように」なったと述べます。


関連記事:よゐこ濱口、アッキーナと大阪デートの2ショットに反響 「心がほっこり」

■子宮内膜症とチョコレート嚢胞

検査の結果、子宮内膜症であることが判明。チョコレート嚢胞もあることがわかります。チョコレート嚢胞を小さくする薬を服用したところ、一時的に小さくなったものの数ヶ月後には元に戻る…ということを繰り返し、妊娠にも至らず。

その後、婦人科から不妊治療専門のクリニックに転院することに。造影検査の結果、左の卵管が詰まっていることがわかり、手術をすることになります。それでも妊娠には至らず、今度は卵胞を育てる薬を飲み、注射を打つことになったそう。

続きを読む ■リラックスが妊娠に影響?

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

おすすめ記事