「やりたくない…」を乗り切ろう! 気が重い予定をこなす方法3つ

「やりたくな~い!」と駄々をこねたい予定、どうやって乗り切る?

後悔する女性
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

暮らしの中でどうしても直面する、「やりたくない…」と感じる作業。行きたくないお誘いや、面倒な仕事のタスク。気が進まない未来の予定を、どうすれば無理なく乗り切ることができるのでしょうか?

ずっしり重くなる気持ちを解消して、予定をサッとこなす方法を、fumumu取材班が聞いてきました。


①メインにしない

「気が進まない予定があるときは、なるべくその予定をメインにしないようにしています。どうしても、嫌な予定で頭がいっぱいになってしまいがちだけど…。


やりたくない、行きたくない予定をずっと考えているのも、自分が苦しいじゃないですか。私は、嫌な予定の前後に、テンションが上がる別の予定を入れて、『今日のメインイベントはこっち!』と自分の気をそらすようにしています。


どれだけ嫌でも予定の時間は来てしまうから、サッと終わらせて別の予定に意識を向けたほうが気が楽だと思いますよ」(20代・女性)


関連記事:先延ばしにする癖を直したい! 簡単やる気スイッチのコツ

②まずはひとつ

「面倒な作業は、細かく分解して考えるといいですよ。例えば部屋の掃除なら、『部屋全体をキレイにしよう!』と思わないこと。散らかった部屋をすべて片づけようとすると、かかる手間や時間を想像してやる気がなくなってしまうから。


『まずは、このゴミだけ捨てに行こう』『まずは、服をハンガーにかけよう』と、ひとつの作業と向き合ったほうがいいと思います。目の前のことをこなすだけなら、サッとやっちゃうか…と体が動くから。


ひとつ終わらせると、体を動かしたついでにこれもやるか…と意外と動けるものですよ」(20代・女性)

続きを読む ③考える前に動く

おすすめ記事