新垣結衣・星野源の結婚で派閥が乱立! 多くの共通点に「運命だった」の声

新垣結衣さんと星野源さんの結婚により、ツイッター界隈が混乱状態となりました。

■”どんぎつね”の存在を気にする人も

なお、CM派閥として、もうひとつ誕生したのが「日清婚」派。こちらは、新垣さんの「チキンラーメン」、星野さんの「どん兵衛」CM出演に端を発する派閥です。

コメントには「どん兵衛とチキンラーメン、まさかのマリアージュ。」と歓喜の声が。一方で、星野さんが「どん兵衛」のCMで、”どんぎつね”こと女優の吉岡里帆さんと甘い関係を演じていることから「どんぎつね敗北なのか…」「どんぎつねサンがフリーになったということでよろしいですね」との意見も寄せられています。


関連記事:吉岡里帆と星野源が公開したオフショットが話題 「あの写真は…」

■「俺以外の奴」派

そして、祝福と悲しみの入り混じった派閥が「俺以外の奴」派。人気女優の結婚では必ずといっていいほどトレンド入りするタイプのものですが、今回は少し違う様子。

新垣さんに対する「結衣、結婚したのか…俺以外の奴と…」だけでなく、「源、結婚したのか…俺以外の奴と…」と、星野さんへの愛を語るコピペも誕生。さすが人気者の2人ですね。

このように、多くの派閥が誕生したツイッターですが、その共通点の多さから「これは結ばれるべくして結ばれた2人なのだよ…」「お二人は結婚する運命だったんだね」との声も。いずれにせよ、誰もが笑顔になる吉報となったようです。

・合わせて読みたい→星野源、新垣結衣に手料理を振る舞う 「初めてのサプライズ」

(文/fumumu編集部・五代桜子

おすすめ記事