オリラジ中田、切り抜き動画を解禁 視聴者は「難しそう」の声が優勢

中田敦彦

お笑いコンビ・オリエンタルラジオでユーチューバーの中田敦彦さんが14日、自身のサブYouTubeチャンネル『中田敦彦のトーク』(登録者数47万人)を更新。

切り抜き動画を解禁したことを明かしました。


■流行中の切り抜き動画

ひろゆきさんが本格的に流行させた切り抜き動画。YouTubeの「コンテンツID」という仕組みを活用し、切り抜き職人と収益を折半するという手法で、動画を量産。

その成功を目にしたメンタリティDaiGoさんや「オタキング」こと岡田斗司夫さん、キングコング西野亮廣さんなどが参入し、人気ユーチューバーでもヒカルさんやラファエルさんなどがすでに実践しています。

YouTubeにはオススメ動画を表示する機能があるので、一度ひろゆきさんの切り抜き動画を見ると、他の切り抜きチャンネル含め表示されやすくなり、結果的に全体の再生回数が上がる…と、戦場のルールを的確に捉えた作戦なのも特徴です。


関連記事:オリラジ中田、YouTube初心者は「似たところで躓く」 解説に納得の声

■オンラインメンバー向けに切り抜き解禁

その切り抜きについて、今回公開した動画で、オンラインサロンメンバー向けに解禁したことをを中田さんは発表。しかし、直後に「正直、ひろゆきさんが一番向いてる」と述べ、その理由を長時間の配信スタイルにあると述べます。

ひろゆきさんと言えば、長時間の生配信が特徴。視聴者からのスーパーチャット(投げ銭)と受け付け、その人たちから寄せられた質問に、コンパクトかつひろゆきさんらしい観点から答えていきます。

「長時間やってるから、切り取ってテロップ入れたら見やすい」ひろゆきさんに対し、「YouTube大学は逆にまとまった話」「テロップもそこそこ入ってるし」と自身を分析します。

続きを読む ■「やってみて、どうなるかを見てから」

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回登録は30日無料。

おすすめ記事