フラれる前にフッてやる! 女性が用意している5つの切り札

付き合うのに理由は必要なくても、別れる時には必要になるんですよね…。

泣く女性
(liza5450/istock/Thinkstock/写真はイメージです)

仮に相手にそこまでの愛情はなかったとしても、フラれるのってショックですよね。

「フラれるくらいなら自分からフッてやる!」と考えている女性は、少なくないでしょう。

別れ話になった時に用意している切り札について、fumumu取材班が20~30代女性に話を聞いてみました。

 

①本命の彼氏がいる

「『ほかに好きな人ができた…』と別れ話を切り出された時、『実は私も本命の彼氏がいる』と勢いで言ってしまいました」(20代・女性)

 

「それならちょうどよかった」など、彼の返答次第では余計に傷つくことも…。

 

②結婚するつもりはない

「『正直、重いんだけど…』と彼氏に言われた時、『結婚するつもりなんてないけど?』と、悔し紛れに返しました」(30代・女性)

 

態度や言動から、結婚願望の強さはにじみ出ていたはず…。バレバレの強がりは、逆に惨めに見えてしまう可能性も。

 

③体の相性が良かっただけ

「彼氏が私からのキスを避けるようになり、フラれると思いました。『どうせ体だけの関係なんだから…』と捨て台詞で言って、彼氏と会った最後になりました」(20代・女性)

 

彼氏が何を考えていたのか、きちんと話し合わなくてよかったのでしょうか…。

 

④告白されたから付き合っただけ

「彼氏と連絡が取れなくなり、『好きって言われたから付き合ってただけだし…』と、LINEしてブロックしました」(20代・女性)

 

言葉で言うよりも、メッセージで見るとショックが大きそうです。

 

⑤恋愛感情はなかった

「『欲しかった物は買って貰えたし、おいしいご飯もごちそうしてくれたから付き合っていただけ。恋愛感情なんてなかったけど、ありがとう。』と、彼氏の別れ話を遮りました」(20代・女性)

 

きちんと別れ話をしないと、フラれた原因が分からずにあとから苦しむことも…。

 

■フラれるのは相手だってショックなはず…

フッた方は気が済むかもしれません。フラれた方はトラウマになってしまうことだってあります。

お互いのためにも、別れる理由や原因は話し合って解決するのがベストでしょう。

できれば円満に別れ話ができるようになるといいですね。

・合わせて読みたい→あまりにしつこいとストーカーに…同じ人に何度も告白した3人のその後

(文/fumumu編集部・NANA

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!