さまぁ~ず、「番組終了の予感」を感じる瞬間を明かす 「イジった時は終わる」

番組のテコ入れには反対の2人。番組終了のフラグについても明かして…

さまぁ~ず31日放送の『さまぁ~ず論』(テレビ朝日系)にて、MCを務めるお笑いコンビ・さまぁ~ずが「番組の終了」についての考えを明かしました。


■予期しない「番組終了」に…

お笑いコンビ・アンガールズをゲストに迎え、”お笑い”についてトークを展開した本番組。

進行役のお笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇さんが「番組が始まっても、結構早く終わることがある。どんどん新しいのをやって…ミニコーナーを持って終わったりとか。お試しみたいな感じで終わるんですよ」と、予期しない番組終了に対し、戸惑うことがあると告白。

吉村さんの「番組を終わらせない努力ってあるんですか?」との質問に、三村さんは「終わりそうな気配が少しでも秋の風みたいに来たら、いったんスタッフに『終わる? これ』って思いきって聞いてみる」と回答。大竹さんも「聞く聞く。『何、このリニューアル。終わる?』って」と共感しました。


関連記事:彼氏が一瞬でその気に…! 女性のエロい言動3選

■「イジったときは終わる」と断言

さらに、大竹さんは「だいたい(番組の内容を)イジったときは終わるから」と断言します。「最初は全然違った…みたいな番組あるけど。イジって成功していく番組はある」と前置きしたあと「急にイジった時点で終わるね」と、持論を展開。

また「『(番組終了は)ないですから、大丈夫ですよ』って言っていても結局半年くらいで終わってる」と、スタッフの「大丈夫ですよ」は終了フラグだと明かしました。

続きを読む ■「このまま死なせてくれ」に爆笑

→【2万冊以上が50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン

おすすめ記事