田村淳、丸川大臣に苦言 精神論より「科学的な知見による冷静な判断」を

田村淳さんが丸川珠代五輪相の東京五輪開催に対する発言に苦言 「日本人の絆を取り戻すためにオリンピックを持ち出さないでほしい」

田村淳

お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さんが、公式ツイッターを更新。「五輪で絆を取り戻す」と発言した丸川珠代五輪相に対し苦言を呈し、反響を呼んでいます。


■精神論では絆は薄れるとバッサリ

丸川大臣は11日、閣議後の定例会見で、東京五輪の開催について「コロナ禍で分断された人々の間に絆を取り戻す大きな意義がある」と述べ、話題に。

そんな発言を受けてか、田村さんは12日、ツイッターで「丸川大臣……日本人の絆を取り戻すためにオリンピックを持ち出さないでほしい……精神論では絆は薄れると思う。開催可否はどんなデータを分析して、どんな判断をしたのか? 判断していくのか? を可視化してほしい」とコメントし、共感の「いいね」が集まっています。


関連記事:田村淳、職員感染の聖火リレーに苦言 「人が集まる事はわかりきっている」

■あくまで提案であると強調

さらに田村さんは、「取り戻すべきは科学的な知見による冷静な判断」だと語り、「絆を取り戻す」という精神論を一蹴しています。

続けて、「※提案をしてる口調で読んで、分断は望まない」という言葉で文章を締めくくり、単なる批判ではなくあくまで「提案」であることも強調しました。

続きを読む ■橋下徹氏も「情緒的な言葉はいらない」
  • 1
  • 2

おすすめ記事