正直ストレス…事前に予定を決めたくない男女の心理5つ

予定が入っていると安心する人がいる一方で、そうではない人たちも意外といるようです。

カップルのケンカ
(Hakase_/iStock/Thinkstock)

外出が億劫になりがちな、蒸し暑い梅雨時期。

「先輩に呼び出されちゃって…」「お腹が痛くて…」など、嘘か本当かよくわからないような理由で、予定をドタキャンされた経験がある人もいるでしょう。

 

■ドタキャンをすることがありますか?

fumumu編集部が全国20~60代の男女1,348名を対象に、ドタキャンをすることがあるか調査を実施しました。

ドタキャングラフ

結果、「よくする」2.1%、「たまにする」13.9%、「ほとんどしない」35.9%、「しない」48.1%でした。

ドタキャンする人たちの中には、予定を決めること自体をストレスに感じているケースが多いようです。ドタキャンをしてしまう人に、話を聞いてみました。

 

①そもそもの予定の優先順位が低い

「予定は直前に決めるタイプです。もしかしたら、ほかにやりたいことができるかもしれないし…」(20代・男性)

 

即決してもらえない場合、相手は予定を「やりたい」と思っていない可能性が高いようです。

 

②当日にならないと行きたいかわからない

「予定を入れるのは、気分次第。『休みの日にわざわざ外に出るのが面倒』とか『今週は疲れたからゆっくり寝ていたい』など。何日も前に、その日のことなんてわかりません」(20代・男性)

 

「予定のために準備をする」と思いがちでも、「準備が整っていたら予定を入れる」と考える人もいるようです。

 

③束縛されているようで窮屈

「何週間も前から次の約束を強いられるのって、束縛ですよね? 窮屈で、重いです」(20代・女性)

 

例え好みのタイプだったとしても、予定を聞かれることをストレスに感じ、嫌いになってしまうパターンもあるのだとか。

 

④約束を守ることにプレッシャーを感じる

「予定が決められると『約束を守らなければいけない』と、プレッシャーに感じてしまいます。途中で憂鬱になって、ドタキャンすることも…」(20代・女性)

 

「今夜、仕事終わりに飲みに行かない?」くらいの気軽な誘いだと応じやすいとの意見も。

 

⑤とにかく仕切られるのが嫌

「『何時に待ち合わせして、どこに行って…』って、とにかく仕切られるのが嫌いです。なんだか、母親に説教されている気分です」(20代・男性)

 

仕切られることに苦手意識を持っているのは、女性より男性で多いようです。

予定を入れたいと思っている人は、レスポンスが早いなど、行動が積極的です。相手の反応が悪かったら、イエローカードかも?

悩んだ素振りがあったり返答が遅かったりしたときは、予定を決めるのを待った方がいいかもしれません。

・合わせて読みたい→見下している証拠? 女性を「おまえ」と呼ぶ男がした最低行為3選

(文/fumumu編集部・NANA

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年3月23日〜2018年3月27日
対象:全国20代〜60代の男女1,348名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!