武井壮、五輪への思いを語り批判に反論 「荒ぶってしまいました」

武井壮さんが東京五輪が中止になったら残念だとして「ウイルスが突如無力化するシンクロニシティを期待してしまう」と願望も告白

タレントの武井壮さんが、東京五輪へのアツい思いをツイート。批判が寄せられたことに対し反論文を投稿し、反響を呼んでいます。


■日本の文化が失われる恐れも?

新型コロナウイルスの感染拡大が広がる中、東京五輪中止を求める世論が勢いを増し、ツイッター上では中止にまつわるハッシュタグも上位に浮上。

そんな中、武井さんは「半世紀ぶりのオリンピックを開催できない事になったら、今後数十年その映像や感動でできるであろうエンターテイメントや新たなスターが日本の文化の歴史から失われるんだよな そう考えたら残念だ」とつぶやき、心境を吐露。

「ウイルスが突如無力化するシンクロニシティを期待してしまう」と切実な願望を語り、共感の「いいね」も多く寄せられています。


関連記事:武井壮、SNSで蔓延する言葉の暴力に言及 「正気で言ってるのかね?」

■汚い言葉のリプなどはブロック

武井さんはあくまで「あり得ないかもしれないが、希望としてウイルスが無力化してほしい」という意図のようですが、リプ欄には「亡くなっている方を無視できるんですか?」「無理です無理です」といった否定的意見も。

そんな反論に対し、「この文章のどこに無理してオリンピックやりたーい! というニュアンスが読み取れるのか本当に理解不能。オリンピックを否定したいみなさんの気持ちは分かりますが、なんにでもかみ付けばいい話じゃないんじゃない?」と延べ、汚い言葉のリプなどはブロックすると明記しています。

続きを読む ■心無い中傷に対し怒りの気持ちを表明
  • 1
  • 2

おすすめ記事