友達だと思ってたのに…職場の同期に裏切られた3人のエピソード

同期との距離感って難しいですよね…

会社の同期
(chachamal/istock/Thinkstock/写真はイメージです)

4月に新卒で入社した人は、早3か月。そろそろ同期とも仲良くなり、仕事以外でも飲み会を開いたり、遊んだりしている人は多いでしょう。

しかし、友達だと思って仲良くしていると、思いがけず裏切られることもあるようです。

そこでfumumu取材班が職場の同期に裏切られた体験について、先輩アラサー社員に話を聞いてみました。

 

①仕事のミスをチクられた

「仕事でミスをしてしまったとき、どうしたらいいか分からなくなってしまったので、同期に相談しました。

 

ところが、逆に上司にチクられてしまい…こってり絞られました」(20代・男性)

 

新入社員はミスをして当たり前です。だからこそ、自分で何とかしようと思うのではなく、問題が大きくなる前に早めに上司に相談し、適切な指示を仰いだ方が良さそうです。

 

②職場恋愛をバラされた

「OJT(先輩社員が職場で新入社員を指導する仕組み)で担当してくれた先輩と仕事帰りに飲みに行き、そのままエッチをしてしまいました。

 

先輩との関係を同期に打ち明けたところ、職場でバラされてしまい…『あの子、枕営業して仕事貰ってるらしい』と、噂されることに。その後、人事から異動の内示を受けました」(20代・女性)

 

OJTではお互いの距離が近くなり、恋愛関係に発展してしまうこともあるでしょう。しかし、職場恋愛は仕事に影響しかねません。避けるか、バレないように秘密にしておくのが良さそうです。

 

③手柄を横取りされた

「同期とふたりで挨拶回りをしていたところ、新規で契約をもらうことができました。

 

その報告書を同期が作成してくれると言うので、任せていたのですが…担当者に自分の名前はなく、手柄を横取りされてしまいました」(20代・男性)

 

同期に任せっきりにしていた本人にも責任はあるでしょう。ふたりで取った契約であれば報告書も一緒に作成するなど、自分で予防や対策を講じることも大切です。

 

仕事の業績は、昇進や給与などに反映されます。そのため、自分の評価を上げるために、他人の足を引っ張る人も少なくないでしょう。

ちょっとでもおかしいなと思ったら、一線を引いた方が良さそう…。友達感覚で仲良くしている人は、気をつけた方が良いのかもしれません。

・合わせて読みたい→女子が「敵に回したら厄介だから仲良くしている子」4つの特徴

(文/fumumu編集部・NANA

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!