チョコプラ長田、パンサー向井を「唯一で、数少ない友達」と溺愛

チョコプラ長田さんが唯一無二と慕う友達とは?愛が炸裂しました。


チョコレートプラネット・長田庄平

6日放送の『アメトーーク』 (テレビ朝日系)にお笑いコンビ・チョコレートプラネットの長田庄平さんと、お笑いトリオ・パンサーの向井慧さんが登場。

お互いの第一印象や知られざる友情秘話を明かし、話題を呼んでいます。


■東京NSCの同期生

向井さんを「唯一で数少ない友達」と豪語する長田さん。多くの番組でも”友人代表”として呼ばれてしまうのため、井さんは「相方の菅さんよりも一緒に仕事している」と苦笑しました。

東京NSCで共に学んでいたという2人ですが、その頃は全く仲良くはなかったとか。向井さんは「卒業してからライブに出るようになって、お互い吉祥寺に住んでいたので劇場からの帰り道で一緒になって、だんだんと仲良くなった」と交流のきっかけを明かしました。


関連記事:チョコプラ長田、「理想の顔」への整形費用は約200万円 怖い印象に悩み

■長田の第一印象は「キモい」

当時の向井さんを「めちゃくちゃキラキラしていた」とべた褒めする長田さん。お互いの年齢差や、向井さんが明治大学の学生だったこともあり気後れして話しかけづらかったそうですが、恐る恐る話しかけたら「『やあ! 君かい。お互い頑張ろうよ!』と爽やかに返してくれた」と嬉しそうに語りました。

対する向井さんは、長田さんの印象を「寒い人だと思っていた」と爆弾発言。「長田さんは、『長紫庄屋仁時』って芸名を自分に付けていたんです。『キモっ!』ってずっと思ってて…」と打ち明け、スタジオを笑わせました。

続きを読む ■「意外な組み合わせ」

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

おすすめ記事