手越祐也『SUPER GT』で披露した人生初の国歌独唱に反響 「うますぎ」

手越祐也さんが、「SUPER GT」で国歌独唱を披露。その歌唱力が話題となっています。

手越祐也
(画像は「手越祐也チャンネル」より)

4日、タレントの手越祐也さんが、富士スピードウェイで開催された自動車レース「SUPER GT 2021」の予選決勝にて、国歌独唱を披露。

その歌唱力に反響が寄せられました。


■人生初の国歌独唱

この日の朝、手越さんは静岡県にあるサーキット場、「富士スピードウェイに向かっています」とツイッターを更新。ヘリの中で撮影した写真とともに投稿しました。

現在はYouTubeを中心にマルチタレントとして活躍している手越さんですが、もともとはアイドルグループNEWSのメインボーカル。その歌唱力はジャニーズ内でもトップクラスだと定評がありました。

とはいえ、国歌独唱は人生初とのこと。ファンの間では手越さんが歌う『君が代』に期待が高まっていました。


関連記事:手越祐也「紹介したい女性がいます」 黒髪美人の登場に驚きと戸惑い

■圧巻の歌唱力を披露

手越さんはイタリアの高級スポーツカー・ランボルギーニーを所有しており、車好きなことでも有名。そのため、「車もレースも大好きだし、人生初の大役なので思いっきり楽しんできます」と気合をのぞかせます。

そして14時30頃に国歌独唱を披露。トレードマークの金髪に上下デニムのラフなスタイルで、堂々と『君が代』を歌い上げます。見た目にチャラさはあったものの、真剣な表情で胸に手を当てて歌う姿は圧巻。

続きを読む ■「うますぎ」と反響
  • 1
  • 2

おすすめ記事