おぎやはぎ矢作、名物プロデューサーの独立に衝撃 「いなくなっちゃダメ」

『ゴッドタン』メンバーの友情は不滅?それぞれの想いが垣間見える回となりました

矢作兼

1日放送の『ゴッドタン』 (テレビ東京系)で、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼さんが番組を続けていく中で不安に感じている問題を告白。

それにより衝撃の事実が判明し、スタジオが騒然となりました。


関連記事:流れ星・瀧上、後輩芸人に泣きながら「変わってください」と言われていた

■700回を超えた『ゴッドタン』

700回を超え、ますます笑いに磨きをかける『ゴッドタン』。お祝いの企画として今後の番組の不安を話し合う出演者一同ですが、矢作さんの番になってから雲行きが怪しく…。

同番組の佐久間宣行プロデューサーは、番組虚デューサーでもあり水曜日深夜放送の『オールナイトニッポン0』(ニッポン放送)のパーソナリティも務め、表舞台でも活躍しています。

この活躍を見ている矢作さんは、神妙な面持ちで「プロデューサの佐久間さんが居なくなっちゃうのでは?」と抱えている不安を吐露しました。

■名物プロデューサーの進退に不安

「今までは僕らと『ゴッドタン』を作ってきてくれたけど、佐久間さんはもう自分一人でできることを分かっちゃった」と佐久間プロデューサーの実力を称讃する矢作さんでしたが、「すごくなってくれる分にはいいけど、いなくなっちゃダメ」と苦しそうな表情を浮かべました。

それを聞いた小木博明さんは「そろそろ捨てられるよ、俺ら」とポツリ。周囲は「ヤバイ」とざわめきました。

続きを読む ■劇団ひとりさんは「手放してもいい」

→【Amazon】日用品・食品・飲料サマーセール開催中 8/12まで

おすすめ記事