10年前に戻れたら…親のいいつけを守った30代女性の失敗談

大人にならないと、気付けないこともあるようです。

悩む女性
(liza5450/istock/Thinkstock/写真はイメージです)

上京や結婚など、自分の将来について親に話したときに、反対されることって少なくないですよね。しかし、そのいいつけを守ったばかりに、後になって後悔してしまうこともあるようです。

そこでfumumu取材班は、「親のいいつけを守った失敗談」を30代女性に聞いてみました。

 

■恋愛編

「親に結婚を反対されたことがきっかけで、当時付き合っていた彼氏と別れました。

 

しかし、この失恋がトラウマになってしまい…『また反対されたらどうしよう』と考えると不安で、恋愛ができなくなってしまいました」(30代・女性)

 

自分が好きになった人でも、いざ親に反対されると不安になってしまいます。心配や疑いなどが浮かび、判断を誤ってしまうこともあるようです。

 

■進学編

「『危険だから』と親に反対されて、海外留学を諦めました。しかし、今はグローバル時代。英

 

語が堪能でバリバリ働いているキャリアウーマンを見ると、『やっぱり、反対を押し切ってでも海外に行くべきだった…』と、ずっと後悔しています」(30代・女性)

 

親が育ってきた時代と、今の時代背景は違います。「親のアドバイスは全て正しい」と、思わない方がいいのかもしれませんね。

 

■上京編

「『できれば近くにいてほしい』と親の希望があり、上京を諦めて地元企業に就職しました。

 

そのまま、地元の人と職場結婚し、子どももできて幸せですが…ふとした瞬間、『あのとき東京に行っていれば、もっと違った未来だったのかな?』と、物思いにふけってしまいます」(30代・女性)

 

「やって後悔する」よりも「やらないで後悔する」と、後になって引きずってしまいがちなようです。

 

心配をかけたくない思いから、親のいいつけは守るべきだと考える人もいるでしょう。しかし、そのせいで後悔し、結局は親を恨んでしまうなど、良好な親子関係でいられなくなってしまうこともあるようです。

親に相談をしたとしても、最終的な結論は自分の納得いく形で出せることを、心がけたいものですね。

・合わせて読みたい→毒親には絶対ならない! 「自分の子供には幸せに」と願う大人の決意

(文/fumumu編集部・NANA

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!