田村淳、旭川中2女子凍死で市教委を痛烈批判 「犯罪名で認識しろと思う」

田村淳さんが「いじめで人が死んでいるのに犯罪だと認識できない旭川市の教育委員会は頭がおかしいとしか言いようがない」とツイート

田村淳

3月に北海道旭川市の公園で当時中学2年の女子生徒が凍死しているのが見つかった問題で、市教育委員会は、いじめ防止対策推進法上の「重大事態」に当たると認定。

一部報道では、女子生徒が性的ないじめを背景に失踪していたと伝えられており、タレントの田村淳さんがツイッターで教育委員会を痛烈批判して反響を呼んでいます。


■旭川市の教育委員会はおかしい?

問題が起こったと言われる2019年当時は、「いじめはなかった」とされていましたが、後に週刊誌が当時の状況を報じて、ネットが炎上。そんな経緯もあってか、改めて「いじめがあったのかどうか」再調査することが明らかになりました。

田村さんは28日ツイッター上で、教育委員会の対応を「いじめで人が死んでいるのに犯罪だと認識できない旭川市の教育委員会は頭がおかしいとしか言いようがない」と、厳しい言葉で糾弾しています。


関連記事:田村淳、マスク警察に「たまったもんじゃないよ」 過去の番組ロケ姿に賛否

■「RTの勢いランキング」10位に浮上

さらに田村さんは、「旭川市の教育委員会はいじめと認識せずに犯罪名で認識しろと思う。」とも訴え、こちらの投稿にも「いいね」やRTが。

歯に衣を着せない辛らつな意見に多くの共感が集まり、「RTの勢いランキング」10位にも急浮上。リプ欄には怒りや悲しみ、疑問などさまざまな声が飛び交っており、涙を流している顔文字も多く見受けられます。

続きを読む ■「涙が止まらない」というコメントも
  • 1
  • 2

おすすめ記事