EXIT兼近、魚の食べ方がボディビルダーと同じと判明 「ヤバイね」

EXIT兼近さんの、独特な魚の食べ方にスタジオから驚きの声があがりました。

兼近大樹
(写真提供:JP News)

人気お笑いコンビ・EXITの兼近大樹さんが『芸能界常識チェック!~トリニクって何の肉!?~』(ABCテレビ・テレビ朝日系)に出演。

独特な魚の食べ方に、スタジオから驚きの声が上がりました。


■「正しい焼き魚の食べ方」をチェック

ダウンタウンの浜田雅功さんが司会を務め、ゲストの常識チェックをする同番組。27日の放送では「正しい焼き魚の食べ方」を出題。挑戦者は”食レポの能力チェック”と嘘の企画内容を伝えられたうえで、ひとりずつ実食していきます。

しかし出されたのは、骨が多く綺麗に食べるのが難しいサンマ…ほとんどの挑戦者に、「常識なし」のレッテルが貼られていきます。


関連記事:EXITりんたろー。嘘のツイートを暴露されて釈明 「好感度上がる」

■まさかの食べ方に「ウソやん!」

そんななか、4人目の挑戦者として席に座ったのが兼近さん。「チャラ男が正しく食べられたら一気にファン層が広がる」と期待のナレーションが入ると、本人も「そうね」と笑顔を見せます。

ところが食べ始めた兼近さんは、利き手の左手で箸を使い魚を持ち上げるものの、なんと右手で魚のしっぽも持って直接カブリつき…!

まさかの行動にスタジオは騒然とし、浜田さんも「ウソやん!」と驚きの表情。しかし、当の兼近さんは「(直接)いくでしょう」と笑います。

続きを読む ■さらなる独特な食べ方も
  • 1
  • 2

おすすめ記事