マツコ、時代の変化にため息 「言葉が出てこない…」「いろいろもう無理」

マツコ・デラックスさんが明石家さんまさんと新番組に。自分は時代に合わない人間だとコメント。

マツコ・デラックス18日放送の新番組『週刊さんまとマツコ』(TBS系)にて、タレントのマツコ・デラックスさんが近年の活動について言及。

5年前から『ホンマでっか!?TV』を辞めたがっていたことを含め、自身が「時代に合っていない」と思っていることが明かされました。


■辞めたがっていた時期が

レギュラー出演していた『ホンマでっか!?TV』を降板し、一時期は引退したいとも発言していたマツコさん。この日、共にMCを務める明石家さんまさんは、マツコさんが「5年前から辞めたがっていた」ものの、なんとか残ってくれていたことを告白しました。

辞める段階になると「すみません、辞めさせてもらいます」とさんまさんに挨拶も行っていたとのこと。そこからTBSで「まずは楽屋トークで新番組をやらないか」という話になり、マツコさんが「一緒にやりたい」と切り出したことから本番組が発足したと説明しています。


関連記事:マツコ、厳しいコンプラに「どこまでやっていいか…」 ネットからは共感の声

■「時代に合ってない」

そんな中、マツコさんは「あたしも今こんな斜陽産業でああだこうだやってる人間は皆敗北者ですよ」とトークを展開。

「今『お前』っていうと叩かれるのよ。大炎上。大変なの」と、個人間のやり取りで少々厳しい言葉を投げかけたとしても何かと言われてしまう時代であることを嘆きました。

続いて「私なんてもうあれよ…言葉が出てこない。言う前に『今言う言葉は果たして時代に沿ってるのか』考えなきゃいけなくなってきたから言葉に詰まるようになってきた」と近年の苦悩について告白。

「いろいろもう無理だわ。時代に合ってないよ私はもう」と、少々弱気な姿を見せました。

続きを読む ■発言がパワハラに?
  • 1
  • 2

おすすめ記事