女子はみんな「恋バナ」が好き? 嫌がっている人も言い分も納得

飲み会の鉄板ネタと思っている人も、いるかもしれませんが…

女子会
(Tomwang112/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

学校や会社で会話の糸口として、どのような話題をすればいいのか悩んだ経験は誰しもあるでしょう。そんなときに鉄板ネタとして使われるのが「恋バナ」です。

しかし、本当に恋愛ネタは、誰とでも盛り上がれる話題なのでしょうか?

 

■恋バナは鉄板ネタでもない?

fumumu編集部では、全国20~60代の男女1,477名を対象に、恋バナはどんな場面でも盛り上がると思うか調査を実施しました。

恋バナグラフ

「盛り上がる」と答えた人は、全体で27.2%でした。残りの約7割の人が盛り上がらないと考えているのなら、恋バナは鉄板のネタと言い難いでしょう。

 

■若い女性は恋バナが好き

性別・年代別では、20代から30代の女性が4割近くと高い割合になっています。

恋バナ性別・年代別グラフやはり若い女性は、恋バナが好きなようです。

「『どんなタイプが好みなの?』とか広い話から入って、だんだんとお互いの恋愛観を話していく感じが楽しいですね。

 

プライベートな部分を話し合える仲になるのに、恋バナは良いきっかけになる気がします」(20代・女性)

 

後輩とのコミュニケーションに、恋愛話を活用している人もいます。

「私はそれほど恋バナに興味がないけれど、若い子たちに話題を振って盛り上がるのがやっぱり恋愛なんです。

 

あっちからもいろいろ聞いてくるけど、あいにく恋愛とはしばらく縁がないのが残念なところ…」(30代・女性)

 

■恋バナはノイジーマイノリティで成り立っている?

一方で、あまり恋愛話ばかりしないで欲しいと思っている人も。

「いわゆる『恋愛脳』な人たちとは、どうがんばっても話が合わなくて…。私は自分の趣味とかに使う時間も大切にしたいタイプだけど、彼女はすべてを彼氏に預けてしまっている感じ。

 

さらに彼女は『なんか彼氏に対して冷めてない?』って、私に言ってくるのが腹立たしくて…。私からすれば、彼女が『あまり自分を持ってないのかな?』って感じなのに」(20代・女性)

 

恋バナは、声の大きな人の原理で成り立っていると考える男性も。

「恋バナは。恋愛のことばかり考えているような人だけで盛り上がっているだけだと思います。

 

周囲が合わせているだけなのに、『みんなが楽しんでいる』と勘違いしてしまうために悪循環が生まれてしまうと思うんです」(20代・男性)

 

恋バナをするときには、相手をよく選んだほうがいいかもしれません。

・合わせて読みたい→恋愛は長く続かない? 20代既婚女子は夫に「恋」していないのかも…

(文/fumumu編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年5月18日~2018年5月21日
対象:全国20代~60代の男女1,477名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!