千原ジュニア、回転寿司店で先輩・上司が「座るべき場所」に驚愕

ジュニアさんが疑問を抱いていた「回転寿司店の上座・下座はどこ?」問題がついに解決

ニュースショー
(画像は『ABEMA的ニュースショー』より)

後輩を連れて、よく回転寿司店に行くというお笑いタレント・千原ジュニアさんは、以前、自身のYouTubeで「回転寿司における“上座”ってどこなんでしょうね」と素朴な疑問を話していました。

11日放送の『ABEMA的ニュースショー』(ABEMA)では、その疑問を解決。現在の回転寿司店のシステムに驚きつつも、上座・下座について考えさせられる回となりました。


画像をもっと見る

■回転寿司店での“上座”問題

通常、通路側が下座・奥が上座と言われていますが、回転寿司の場合、タッチパネルの操作やレーンを回るお皿を取るなどの作業が発生します。

後輩としても、上司や先輩を奥の席(回転レーン側)に座らせることに「そこに座ったら一番忙しくなるので申し訳ない」という気持ちのほか、先輩に『取って』とも言えないためにモヤモヤしてしまう…との考えもあるようです。


関連記事:回転寿司にマナー警察? 見知らぬ女に「食べ方わかってない」と嘲笑された注文とは…

■「勝手に食べたい」「主導権がある人が奥」

番組は、回転寿司店にいたお客さんに取材を決行。その結果「自分だったら、見ながら勝手に食べたいので、(上司には)奥に座ってもらっている」「タッチパネルがあるから、主導権がある人が奥に座るのでは?」などの意見が。

そのほか、出入りしやすいとの理由で「偉い人は通路側に座りたがる人が多い」などの回答が見られました。

続きを読む ■ジュニアの予想は…

→Amazonタイムセール祭り 2/2(木)9時スタート 目玉商品を事前公開!

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事