散らかった部屋とはサヨナラ! 「キレイ」を維持する3つの習慣

気づいたときには、ごちゃごちゃに散らかっている自分の部屋。キレイを維持するには、ちょっとした習慣が大切なようですよ。

掃除中の女性
(RossHelen/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

キレイな部屋で暮らしたいと思っているのに、いつの間にか部屋に物が散乱している…。気持ちとは裏腹に散らかっていく部屋を、どうすれば整えることができるのでしょうか?

キレイを維持するために習慣化したいポイントを、fumumu取材班が聞いてきました。


①「いつか」を卒業

「部屋が散らかる原因として、そもそも物を持ちすぎている、という人が多いと思います。自分が把握できる量しか部屋に置いていないなら、どこになにがあるかわからないほど散らかる…なんてことも少ないですよね。


いつか使うと思っていても、ほぼほぼ使わないと思います。『いつか使う』が実現したことって、私も全然ないんですよ。いつか使うと思って収納に入れた瞬間から、少しずつ存在を忘れていくから。いつの間にか、持っていないことと同じになっているんです。


最近使っていないレベルならまだ出番はあるかもしれないけど、1年以上使っていないなら、もう手放してもいいんじゃないでしょうか」(20代・女性)


関連記事:「すぐ散らかる」はお部屋のせい? キレイが続くインテリアのコツ

②動いたついでに…

「一気に掃除をするのが苦手なので、なにかのついでにサッときれいにしたり、整理したりしています。


キッチンでお湯が沸くのを待っている間に、シンクを軽く洗ったり。トイレに行くために立ち上がったついでに、読み終わった漫画を本棚に戻したり。ひとつずつ対応していけば、そこまで面倒だと思わないんですよね。


どこから手をつけていいのかわからないレベルまで散らかってしまうと、やる気が本当にどこかに行ってしまうので…。片づけている意識が生まれないくらいの小さなことを、こまごまやるようにしています」(20代・女性)

続きを読む ③ためない・置かない
  • 1
  • 2

おすすめ記事