好感度ガタ落ち! デートで彼女に着てほしくない…5つのNGアイテム

女子に人気の服装も、デートで着てほしくない…男性に話を聞いてみました。

女子のファッション
(nicoletaionescu/istock/Thinkstock/写真はイメージです)

待ちに待った彼とのデート! 雑誌でトレンドのファッションをチェックし、デートのためだけに服を新調する人もいるでしょう。

しかし、女性には高評価でも、男性からはドン引きされてしまうことも…。

そこで、fumumu取材班は彼女に着て欲しくないファッションについて、社会人男性に話を聞いてみました。

 

①オフショルダー

「自分の彼女の裸は、ほかの男には見られなくないと思うのが普通でしょう。肩が丸出しになるようなオフショルダーは、露出が多すぎます」(30代・男性)

 

トレンドは理解していても、自分の彼女には着て欲しくないと思っている男性は多いようです。

 

②ビスチェ

「カットソーの上にビスチェを重ね着してきた彼女を見て、ドン引きしてしまいました。正直なところ、どこがお洒落なのか全く理解できません」(20代・男性)

 

ビスチェは女性に人気でも、下着を連想させてしまうため、男性ウケは全くのようです。

 

③アニマル柄

「アニマル柄はオバちゃんぽくて、好みではありません」(20代・男性)

 

テレビの影響もあってか、「大阪のオバちゃん」感がしてしまうとのことでした。

 

④シースルー素材

「透け感のある素材は、目のやり場に困ります。見えても大丈夫だから着ているんだとは思いますが…」(20代・男性)

 

レースやチュールなどのシースルー素材は、部分使いなら可愛く見え、許容範囲だそうです。

 

⑤ショートパンツ

「ショートパンツ自体が嫌いなわけではありませんが、外で彼女には履いて欲しくありません。ギャルっぽく見えて、連れ歩くのに抵抗があります」(30代・男性)

 

未成年の飲酒問題が話題となっている今、若く見えるギャルっぽいファッションには警戒している男性が多いようです。

 

男性は、一緒に出歩くことを意識して、周囲からの目線を意外と気にします。肌の露出や下着を連想させるファッションは控えてほしいようですね。

デートでは社会人らしく、お洒落よりも清純さやきちんとした格好を意識した方が良さそうです。

・合わせて読みたい→おしゃれに興味がない男子をどう思う? 自分色に染める楽しみも

(文/fumumu編集部・NANA

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!