狩野英孝、ゲーム配信が「狩野英孝すぎる」 最後までシステム理解せず暴走

最後まで隠密を理解せず、銃よりも素手やレンガを愛する謎プレイスタイルが話題に。

狩野英孝

6日、お笑いタレントの狩野英孝さんが自身のYouTube公式チャンネルで人気ゲーム『The Last of Us(ラスト・オブ・アス)』(以下、ラスアス)を生配信。 9回に及ぶ配信を終了、ゲームをクリアしました。

しかし、数十時間したとは思えないプレイっぷりに、視聴者からは「英孝ちゃんらしい」という声が相次ぐことに。


■戦い方に工夫が必要な『ラスアス』

『ラスアス』はノーティードッグ開発のサバイバルアクションゲーム。謎の寄生菌が蔓延、ゾンビが闊歩するようになった世界で、主人公のジョエルが少女・エリーを目的地まで運ぶなか、次第にふたりの信頼関係が深まり、疑似親子のようになっていく…というお話です。

そんな本作ではランナー・クリッカーと呼ばれるゾンビのほか、人間の敵と戦う場面が登場。静かに近づき、後ろから締め上げて攻撃したり、状況によっては爆弾や煙幕、火炎瓶を使い分けるという、知能的なプレイが要求されます。


関連記事:狩野英孝、ゾンビゲームの配信で回線切れ連発 「笑いの神に愛されてる」

■基本「素手」な英孝ちゃん

しかし、そうはいかないのが我らが英孝ちゃん。「なかなか銃を撃たない」「撃たないのに弾薬は必死で集める」「銃弾が余っているからゲットできないのに取れないことを悔しがる」「銃をパワーアップさせればマガジン上限(銃に入れられる弾の数)が増えるのに『こんなもんでいいか』と毎回中途半端な改造にとどまる」…と、ゲームのシステムをまるで無視したプレイスタイルに。

そして、彼が重宝した武器は「素手」。敵に見つかると毎回我を忘れてしまい、パンチを繰り出して相手をやっつけようとしたのです。その姿はまるで『龍が如く』のようで、人間の敵がたくさんいる場所では蜂の巣になりながら、銃を持つ相手に素手で向かっていく…というランボーも真っ青の血の気の多さ。

続きを読む ■最終回でようやく爆弾を使う
  • 1
  • 2

おすすめ記事